今、あなたに必要な3つのもの

[最終更新日]2020/01/11

その瞬間、日常が崩れ始めた。

崩れた物を立て直すには
必要なものがある

まずは基本の3つ。
そこから始めよう。

1.安心感

安心感を得る事:千里丘の俊カイロ

まず、最初に必要なものは「安心感」です。

長く続く症状、変化の無い毎日を過ごしていると「不安」と「焦り」で溢れます。

  • 「一生このままなのかな。。」
  • 「ずっとこの痺れと一緒なのかぁ」
  • 「あ~あ、人生終わった。。」

こうなると気持ちも言葉もマイナス思考となり、その空気は徐々に身体から滲み出ます。

そうなると家の空気が一気に重苦しくなります。

家族との関係がギクシャクしだすのはそんな時です。励ましの言葉にも噛みつかれると家族は疲弊していきます。

それを避ける為に必要なものが「安心感」です。

安心感の第一歩は「知る事」

「安心感を得る」とは「不安を消し込んでいくこと」と同義です。身体に起こっている事を正しく知る事で「何も見えない」状態から自分を解放しましょう。

まずは病院へ。

  • レントゲン
  • MRI

画像診断を受けましょう。診断名は気にしなくて構いません。「自分の体に何が起こっているのか?」を確認してください。

全てはそこから始まるのです。

2.回復への道筋

千里丘で光を見つける:俊カイロ

先が見えない状況では不安と焦りしか心には生まれません。

  • 「何で痛いの?」
  • 「何で安静にしても変わらないの?」
  • 「まさか、物凄く重たい病気なの?」

情報と知識が足りないと、心の足元がグラついてしまいます。

だからこそ「道筋」が必要です。

心をどっしりと安定させる為には「元気になるまでの道筋」が必要となります。

  • 「だから痛かったのか」
  • 「だから安静が効果無かったのか」
  • 「これはありふれた症状だったんだ」
  • こうしたら良くなるんだ

身体に起こっている事を正しく理解する事。自分の状況は特別ではないと知ること。

自分を悩ませる症状の「因果関係」が見えてきた時、目の前に道が開け、嘘のように不安は消えていきます。

暗闇に光が差せばこっちのものです。

「進むべき道」が見えた時にこそ、人は元気を取り戻し前を向くことができるのです。

信頼できるパートナーを探そう

回復の道筋を一人で探し当てるのは流石に無理です。そこで求められるのがあなたのパートナーとなる「専門家」です。

信頼できる専門家を探しましょう。「近い・安い」で安易に選ばず、自分の健康を託せる人間を探してください。

探すべきは「痛みを取る人」ではなく「道を示してくれる人」です。

3.前向きな希望

千里丘で希望を:俊カイロ

3つ目に必要なものはズバリ「前向きな希望」です。

これは「道筋」が見えて「安心」が生まれた時、自然と見えてきます。

  • 「あ、良くなるかも」
  • 「良くなったらあれができるかも」
  • 「早く〇〇したいな」

後ろ向きから前向きに。そこから気持ちは上向きに生まれ変わります。

「できたらいいな」

から

「早くしたいな!」へ。

明確な目的地が見えた人は本当に強いです。

心が整うと全てが早い。それが人間の強さです。

施術料金 施術流れ 交通案内

お問い合わせはお気軽にどうぞ!